インターネットガバナンス・タスクフォース Internet Governance Task Force of Japan

IGTFポジションペーパー (11月14日)

WSISは、インターネットガバナンスについて最終的な交渉を、ここチュニジアでサミット直前に開催しています。

IGTFでは、いままでの主張をまとめた「ポジションペーパー」を作成し、発表する予定です。
基本的には、現在のICANNの枠組みを維持し、大きな変更は避けるべきだ、新設が提案されている「フォーラム」については、その必要性には依然疑問があり、もし新設するとすれば、その使命、構成、コスト効果、言語などについて慎重に検討すべきだ、というものです。

政府間交渉が最終的にどんな帰結になるかは、明確な見通しがついていません。