インターネットガバナンス・タスクフォース Internet Governance Task Force of Japan

IGTFとは?

インターネット・ガバナンス・タスクフォース概要
Internet Governance Task Force of Japan (IGTF-J)

活動目的

1. 「インターネットガバナンス」の定義と検証を行う。
「インターネットガバナンス」の分野で日本にとってとくに重要と思われる課題を整
理し、今後の取り組みの方向性を検討・提言する。対象分野(案):ドメイン名シス
テム、IPアドレスなどの資源管理、ウィルス、迷惑メール(スパム)
2. 「インターネットガバナンス」の分野での日本での活動の成果に基づき、国際社会
における協調活動に関与・貢献する。
 国際分野において民間主導の体制を維持発展させるために、日本の関係者の意見を
とりまとめ、WSIS、ICANNなどの国際協調活動の場に参加し、結果に反映させる取り組
みを推進する。また、これらの国際的な活動の状況について、国内の関係者に適宜報
告する。

活動形態
本タスクフォースの具体的な活動は、テーマ別のワーキンググループを組織して推進
する。また、本タスクフォースの活動内容について、報告会の開催、ウェブによる情
報発信などを通じて広報する。

事務局
社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
TEL:03-5297-2311 FAX:03-5297-2312

活動期間
2004年9月より2007年3月(予定)。